事故後の対応は保険会社に一任したほうがなにかと安心です。

以前に知り合いが交通事故にあいました。相手は若い男性で被害にあった知り合いは女性でした。

状況としてはコンビニに駐車する際、男性の方が後方確認をほとんどせず、バックを開始したため知り合いの女性の車にぶつけたというものです。はためにも男性側が悪いのは明らかでしたし、本人同士のその場での話でも男性が女性の車の修理費等を保険で支払うという事になり、連絡先を交換してその場を離れました。

その後女性から私に相談がありました。どうも相手からも相手の保険会社からも連絡が来ないらしいのです。

こちらから相手に対し電話で連絡をしたところ、保険会社には連絡したのでそのうち連絡があると思うとのかいとうがあったらしいのですが、その後数日たっても連絡がないらしいのです。相手の男性の住所はアパートになっていることから、おそらく一人暮らしなのではないかと思われ、そうなると経験の少ない男性が本当に保険会社に連絡したりしているのだろうかと不安だという事でした。

電話の応対等もそれほど誠意を感じるものでもなかったらしくかなり不安に思っているようでした。そういう状況なんで1回本人を訪ねてみようという事になったのですが、女性が訪ねていっても相手にはぐらかされる可能性も考えられたことから、私が代わりに行くことにした。

訪ねてみると相手の男性はかなり不愛想ではありましたが、私が訪ねたことによりそれなりに自分の対応がまずかったことを思い知ったのか、それ以降は保険担当者からの連絡もあり、最終的な支払等もスムーズにいったようです。

仮に相手方の男性が早めに保険の担当者に連絡していれば、保険の担当者もそれほど仕事ができないわけでもないでしょうから、わざわざ私が相手の自宅までいかなくてもいいわけです。

こうなってしまった理由としては男性が連絡を先延ばしにしていたか、人に頼んだりしてその後の確認を怠ったかだと思われます。おそらくそうでなければ保険会社も素人ではないので、ここまで対応が遅れることはなかったのではないでしょうか。

このような感じで、私の体験上もやはり車で事故を起こしてしまった場合、速やかに保険会社への連絡をした方がいいと思います。

今回は相手方でしたが、仮に自分が事故を起こした場合でも変に自分でやろうとせず、対応は保険会社に一任すべきでしょう。事故処理にはそれなりに経験が必要です。わからないことを自分でしようとするとかえって相手に迷惑をかける結果にもなりかねません。

そういった意味でも早めに保険会社に連絡し対応してもらうようにしましょう。

高額の車両保険に入っている方は、全損に認定されるかがポイント。

任意保険の契約時に、車両保険をかける場合、保険会社が作っている車両価格表の範囲内で、車両保険の金額を決めることになります。

この時に、保険会社が認める限界の高額の任意保険に入ったほうが、イザというときにお得、とお考えの方も多いかと思いますが、必ずしもそうとは限りません。

その理由について、書いていきます。

同じ年式、同じグレードの車でも、メーカーオプションや後付けオプションの価格も考慮して、保険会社は価格表に価格を記載します。

例えば、150万円~200万円と記載されている車の場合、オプション内容の自己申告により、希望の価格で、車両保険に加入することが出来るのが一般的です。

高いほうが、万一の場合にお得と考え、実際のオプション価格よりも高く設定し、200万円で、車両保険に加入したとしましょう。

そして、運悪く自損事故を起こし、見た目はもうダメだろう、全損だね、と思えるほど車両が傷んだとします。

すぐさま、修理工場に保険会社の損害調査員がやってきて、車の状況を詳しく分析し、沢山の写真を撮って帰ります。

早いと3日程で査定額が出ます。

悪いほうの例としては、全損ではなく修理金額150万円の見積もりです。

といった答えが返ってくる場合があります。いやいや、どう見ても全損でしょ。

ならば200万円保険が下りるんではないですか。そうお考えになられることと思います。

しかし、この場合、修理しなければ、残念ながら150万円しか受け取れません。

修理した場合、見積もりに入ってなかった個所の損傷もあった場合などでは、見積もりに上乗せされ、200万円までの範囲で修理費が出ます。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。加入した車両保険の額が、高すぎたのです。

例えば、180万円で車両保険に加入していた場合、修理見積もりが150万円だった時はどうなるのでしょう。

180万円に対して、8割以上の修理見積もりが出たので、その保険会社の内規により、全損扱いと認定されるのです。下りる金額は、180万円です。

つまり、車両保険は限界いっぱいまで加入するほうがお得、というのは間違いなのです。150万円の修理と聞くと、普通は全損だと思いますよね。

しかし、保険会社の考え方は違うのです。加入している車両保険の8割以上の見積もりが出たら、全損なのです。

ただ、これはあくまでも保険会社の内規ですので、そのような運用をしていない保険会社や、8割という基準でない保険会社もあることをお断りしておきます。

交通事故で車が全損になったときの対処法

事故は保険会社の対応優先!保険会社に任せておけば間違いはありません。

今年の2月に、交差点内で、バスと接触し、自己所有車全損の事故を起こしました。

相手がバスやタクシー会社だと、直ぐに事故担当の役員が来て、その場で「うちは、ここしか当たっていないから、そちらが悪いですね。見た感じもそうですよね?」など、警察が来るよりも早く、自分の会社の自己調査書類を記入しはじめます。

事故になれているという人はいないでしょうから、事故にあった人は、軽度パニックを起こしており、自分の車が傷ついたことや、対象の車のこと、傷病者がでている場合は、その事が心配で、自分の事故のことなんて、冷静に話をすることが出来る状態ではありません。

そんな心理状態の中で、保険や事故の損失、割合の話を現場でされても、相手の言い分通りに頷くしかないのが、リアルな話です。

相手側は、それを狙って、「あの時に、自分の方が悪いっていいましたよね?」など言ってくるケースがあります。基本的には事故を起こしたとき、事故を起こした側と、相手方が連絡をとることは、のちのちのトラブルに発展するので、やめておいた方がいいです。

最初の時点ではこの事に気づかないですし、相手に悪いと思う感情があるので、連絡を取り合おうとします。当人ならまだしも、会社ぐるみで言われると、圧倒されてしまいます。

事故をおこしたら、保険会社に全ての対応を任せましょう。何か聞かれても、「大丈夫です。なんともありません。」と答えてはいけません。「今は事故を起こしていて、気が動転しています。詳しいことは、保険会社に相談します。」と答えた方がいいです。

体に関しても、事故を起こした直後は、痛みが出ません。それは興奮していることも原因のひとつです。体は大丈夫ですか?と聞かれても、「今はよく分からないです。病院に行って検査をしてみます。」と言ってください。

事故に関してなのですが、なるべく保険内容に、弁護士特約をつけておく事をおすすめします。「何かあれば弁護士が対応しますから」っと言うと、相手方はそんなに無謀な事をしてきません。

自動車事故をおこしたら、まずは、警察へ連絡し、傷病者がいるなら直ぐに119番、その直後に保険会社に連絡をして、対応をもとめましょう。間違っても、自分で処理してはだめです。あとその場での曖昧な返答もひかえてください。

冷静には、なれない状況なのは私も経験からわかります。自動車の中に、万が一、自動車事故を起こした時の対応をメモなりして、入れておくと便利です。自動車事故は相手がいることが多いので、より慎重に対応しましょう。

事故に遭遇してしまったら慌てず焦らず安全確保をしてから、警察と保険会社に連絡しましょう

少し遠方の友人宅にいった帰りに美味しそうなパン屋さんを発見。少し駐車場が出し入れしにくそうと思いましたが、子供達の要望もありよっていくことにしました。

前面道路が空いていたこともあり駐車はスムーズにできました。パンを購入して車に乗り込むと前面道路の交通量が増えていました。 夕方で冬だったこともあり薄暗くなり始めていたのでバックで慎重に駐車場からでたところで死角からでてきた車と接触事故をおこしてしまいました。

幸いお互いに怪我などなく接触箇所もたいしたことなくもめることなく解決しましたが、初めて事故を起こしてしまい子供を同乗させていることもありパニックでした。

交通量の多い時間帯にもかかわらず焦ってしまいその場で車から降りようとして相手ドライバーに制止されとにかくパン屋さんの駐車場に戻るよう誘導されました。

私がパニックに陥っているのを察してくださり相手ドライバーが警察に連絡してくださり、落ち着いて保険会社に連絡するよう教えてくれました。

保険会社の担当者と話してるうちに落ち着きましたが遠方の知らない場所で子供も不安そうにしているし、どうしたらいいのかわからず心細くて不安でいい歳ですが泣いてしまいそうでした。

今回は相手ドライバーが好い人でお互いに怪我などなくすんだからよかったけれど人身事故やもっと大きな事故にあってしまったらと思うと震えがとまりません。

それにあの時、その場で車から降りていたら二次災害の危険もあったと反省しています。どんな場所であれ、まずは安全な場所を確保してから

深呼吸してパニックを落ち着かせることが大切だと痛感しました。事故を起こすことも事故に巻き込まれることも非日常で滅多にない(であろうことを切に願います)事なので、自分は落ち着いて行動できると思っているかたでも今一度シミュレーションしてみてください。

今回のように揉めずにスムーズにいくことのほうがもしかしたら希なのかもしれません。大きな声で威圧的な態度をとられたらと考えると想像でも胃が痛くなります。

保険会社に連絡すれば担当者がこの後どうしたらいいのかも教えてくれますし、相手のかたへの対応もしてくれます。一人で不安になって焦って不利な話になることもないですしとてもこころ強い存在でした。

万が一事故に遭遇してしまったら慌てず焦らず安全確保をしてから、警察と保険会社に連絡をすることを忘れないようしっかり家族や友人とも話しておこうと思います。